モト冬樹 つらさ吐露がヤバい!

 

モト冬樹 つらさ吐露が話題になっています。

いったいつらさ吐露とはどういう事で何があったのでしょうか?

親の介護がつらいという事をブログにアップしています。

気になりますので吐露したモト冬樹さんについてメディア報道、twitter情報等から読み解いて考察しいきます。

スポンサーリンク

モト冬樹 つらさ吐露に関する記事内容

タレントのモト冬樹(68)が23日、ブログを更新。介護について自身の思いをつづった。

 「介護って辛いよね」というエントリーで「親がある程度年をとってしまうと介護が必要になってくる。俺の場合は幸せなことに、ほとんど介護という介護をしないまま親が亡くなってしまった」と告白。

 続けて「介護ってご飯を食べさせてあげたり、下着をとりかえてあげたり、お風呂に入れてあげたり、これって自分が子供の時に親にやってもらったことだよね」とつづり、「結局 親にやってもらったことをそのまま親にやってあげるってことになるんだけど 同じようでも 子供はこれから成長していく楽しみがあるけど、親はどんどん衰えていくばかり。そうやって考えると介護っていろんな意味で辛いよね」とブログを締めくくった。

出典元:Yahoo!ニュース|スポニチアネックス

モト冬樹さんのつらさ吐露についてネットで下記のような声が上がっています。

スポンサーリンク

モト冬樹 つらさ吐露に対してのネットの声

モト冬樹さんのつらさ吐露についてブログのコメントでも同じようにつらさを話ししています。

 
 
 親の介護も辛いけど
旦那の介護も頼る人が居なくて辛いです。
50代で脳出血起こしたから
それから5年以上介護してます(ToT)

 
 
 本当そうですよね。
お互いに切ないし、辛いのではないかな…。

でも私は、
主人の事を思うと、介護という時間があってくれたら、それは私の“幸せ”だったのではないかなぁ~と、
そうも思うんですよー

そういう時間が欲しかったです…

 
 
 私の母も介護らしい介護をせずに亡くなりました。
(父は病死)もうすぐ1年になろうとしています。
年末くらいに義父が見た時に、痩せたなぁと思ったそうですが、
お正月過ぎには御通夜に歩いて行けたし、
5月に医者から連絡があるまで独りでいました。
私が実家に行ったときには歩くのもおぼつかない感じになっていて
すぐ病院に連れて入院になりました。
医者からは、もう家には帰れないですよ、と言われ、
私も実家に泊まり込みで世話しに通ったものです。
でも看護師さんらがみんなやってくれるので、
とても助かりました。
歩いて入院して行ったのに、その3ヵ月後には亡くなりました。
悪くなるピッチが早すぎて、私が追いついていけない状態。
肺炎でしたけど、ほとんど老衰みたいな感じだったと思います。
強いて言えば、死の恐怖を味合わなかったのが唯一の救い。
もう何年も前の出来事のように感じます。
その後の整理やら半ばゴミ屋敷状態を片付けるのに必死で、
親戚いとこ等みんなに手伝ってもらいました。
人が亡くなるって壮絶で大変。
元気なうちから身辺整理って大事だなって思いました。
長々とすみません・・・

 
 
 介護福祉士です。
仕事での介護は午後3時まで。
その後は自分の親の介護をやってます。
親の介護と人様の親御さんを介護するのには
二種類の愛情が必要だと思う。
どちらかと言うと、人様の親御さんに対しての方が
優しくなれたりするし、一生懸命になってますね。
自分の親にそれをすると、早いうちに擦り切れてしまいそうで…。だから全力でなく常に七割程度で頑張るようにしています。親にバレたら怒られそうですけどね?

 

スポンサーリンク

まとめ

モト冬樹さんのつらさ吐露について

ネットやSNS上ではいろいろな意見が賛否出ています。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。